半田貞治郎のクッキングレシピ備忘録
半田貞治郎のきになるレシピーをサイバーレシピ本として記録していきます。
プロフィール

半田貞治郎

Author:半田貞治郎
半田貞治郎のブログへようこそ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



半田貞治郎アクセス解析中

半田貞治郎ブログアクセス解析中

サイバーモーターニュースファーム by 半田貞治郎
半田貞治郎のクッキングレシピ備忘録
半田貞治郎のニュース備忘録
半田貞治郎のちょっと気になるニュース
半田貞治郎ゲームリサーチファーム
お勧めスポットリサーチファーム by 半田貞治郎
お気に入り動画記録ブログ by 半田貞治郎
半田貞治郎のFacebook
半田貞治郎のtwitter
BlogPingSite



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道明寺の桜餅
道明寺の桜餅(レシピ訂正あり)



材料 (5個分)



道明寺粉

60g



食紅

少々



砂糖

大さじ1




少々




90ml­



つぶあん(お好みでこしあんでも)

75g



桜の葉の塩漬け

5枚









1






<準備>
・桜の葉を、水につけて塩抜きをしておく。(15~20分位)
・あんこを1個につき15gで俵型に丸めておく。




2






水90mlを用意し、食紅をほんの少し入れてうっすらピンク色の水にする。(水の分量の書き間違えを4/26訂正しました)




3






耐熱ボールに道明寺粉と2を入れ、へらでよく混ぜる。




4






ラップをして500Wで4分ほど加熱する。
(作る量、W数などによって加減してください)





5






10分ほどそのまま蒸らしたのち、砂糖と塩を加えてへらで切るようにしてよく混ぜる。




6






ラップに5を包んで均等な太さの棒状にし、水をつけた包丁で5つにカットする。




7






ラップに生地の一つを挟み込み、手で餡を包み込める大きさに広げ、あらかじめ用意しておいた餡を包んで俵型にする。




8






残りも全部7と同様に。





9






塩抜きした桜の葉の表側にのせて包んだらできあがり。




10




写真


・2012.3.4追記
道明寺粉はcottaの4つ割りサイズ、桜の葉の塩漬けはクオカの国産桜の葉(S)使用。ご参考まで。







コツ・ポイント


・色づけは薄く上品にしましょう。
・生地の大きさを広げるときは餡を包むのにちょうど良い大きさにして、包み終えたときに生地に厚いところや薄いところがないようにすると見栄えも良くお店のもののように仕上がります

リサーチ:テック サイバーファーム ウェア 半田貞治郎



スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。