半田貞治郎のクッキングレシピ備忘録
半田貞治郎のきになるレシピーをサイバーレシピ本として記録していきます。
プロフィール

Author:半田貞治郎
半田貞治郎のブログへようこそ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



半田貞治郎アクセス解析中

半田貞治郎ブログアクセス解析中

サイバーモーターニュースファーム by 半田貞治郎
半田貞治郎のクッキングレシピ備忘録
半田貞治郎のニュース備忘録
半田貞治郎のちょっと気になるニュース
半田貞治郎ゲームリサーチファーム
お勧めスポットリサーチファーム by 半田貞治郎
お気に入り動画記録ブログ by 半田貞治郎
半田貞治郎のFacebook
半田貞治郎のtwitter
BlogPingSite



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たらとポテトの卵とじ
ポルトガルの「たらとポテトの卵とじ」



材料 (2~3人分)



たら(あれば干し塩鱈)

250g(200g)







3個






揚げ油(サラダ油など)

適量



オリーブ油

50㏄



塩こしょう

適量







黒オリーブ(種抜き)

好みで適量








1






ふつうの生鱈を使う場合は、全体に塩を振ってクッキングペーパーでぐるぐる巻いてから、冷蔵庫で一晩寝かせる。




2






南欧などの干し塩鱈を使う場合は、水を数回換えながら、適度な塩味が残るように塩抜きする。




3






弱火にかけて沸騰させた水に、塩を洗い流した生鱈(もしくは塩抜きした干し塩鱈)を入れ、全体に火が通ったらすぐに取り出す。




4






鱈から皮と骨を取除き、プロセッサーなどでフレーク状にする。または布で鱈を包み込んでもみほぐす。※ほぐし具合はお好みです。





5






じゃがいもの皮を剥き、せん切りにして水にさらす。玉ねぎは薄い半月切りにする。にんにくは押し潰してからみじん切りにする。




6




写真


じゃがいもを十分に水切りし、まず160℃、次は190℃の油で二度揚げする。狐色になったら取り出し、十分に油切りする。




7






6と並行してオリーブ油をひいて弱火で玉ねぎ・にんにくを炒める。玉ねぎが透き通ってしなしなになったら鱈を加え約5分炒める。




8






卵を軽く泡立て、塩こしょうで軽く味付けしておく。それから7の具材に6のじゃがいもを加え、全体を静かに混ぜ合わせる。





9






じゃがいものパリパリ感がなくならないうちに8の溶き卵を加え、ざっくり混ぜ合わせる。緩いとろみがついたらすぐに火を止める。




10






飾り用の一部を残してイタリアンパセリを混ぜ合わせる。器に盛り、残りのパセリと好みで黒オリーブを散らして出来上がり。







コツ・ポイント


①「鱈を茹でてほぐす」→「いもを揚げる」+「玉ねぎを炒める」→「玉ねぎと鱈を炒め合わせる」→「いもを加える」→「溶き卵を加える」の順です。

②溶き卵はそれで具材を「とじる」というよりは具材と和えて弱火と余熱で「ゆるく固める」ようにします

リサーチ:テック サイバーファーム ウェア 半田貞治郎



スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。